行政書士本広の現状分析!

【男女の働き方】⑤
【大阪府八尾市の行政書士本広】

これからの状況を20年と言う単位で考えると、今、頑張ってる企業(業種ではないと思います)の中で、生き残る企業となくなる企業に分かれます。

業種で言えば、高齢化社会に対応する業種は、競争は厳しいでしょうが、選ぶべき業種と言えます。簡単に分かるものとして、医者、看護師は、かりに、所属してる病院がなくなっても、実力があれば、仕事はなくならないと思います。

絶滅業種以外は、高齢化社会に対応する業種でなくても、1つということはないでしょうから、数社は生き残ると考えます。しかし、ほんどの会社はつぶれるということですからね

運送業も対応業種ではないので、甘いことを考えてると会社がなくなることになると思います。仕事がなくなるわけではありません。従業員としての運転手としての仕事はあると思います。

行政書士、弁護士などの士業も対応業種ではないので、特別に仕事ができる事務所、営業が上手い事務所だけが生き残ることになりそうです。

ここで言えることは、女性も男性化しなくても生き残れる業種があるわけです。それに、現在はすでの中性化社会になってますからね。

それであれば、なおさら、女性には有利な社会になっていく可能性はあると思います。今は、まだ、男が邪魔してますからね。

しかし、悲惨なのは、男らしい男連中ですよね。世の中、男の力強さが必要な業種、分野は、ぱっと思いつかないくらい少なくなっています。トラックの運転手も女性が多いですからね。

となると、中性化した男性の方が、もし結婚するなら、良さそうですね。仕事もそういう男性なら、合ってる仕事が多そうですしね。そして、まだ、現状は、男のほうが有利!こういう男なら女性以上に稼げそうですね。

さて、いかがでしょうか?こんなのダメだ!と言ってもどうにもならないのが世の常です。

私は、変化が嫌いな方じゃないです・・・?好きなほうですね

今日、2つ目の記事です。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行政書士の本廣

Author:行政書士の本廣
【大阪府八尾市の行政書士本広】
「行政書士本広の現状分析!」というタイトルにします。そして、行政書士としての視点から、現状分析を書いていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。
【専門業務と料金】行政書士に依頼するときの参考になると思います。行政書士会の平均報酬額表の金額です。
1.運送事業許可申請
①トラック・霊柩車②介護タクシー・マイクロバス=40~60万円
2.帰化許可申請(大人の場合です)
①1人の場合=10~15万円
②4人の場合=25~35万円
3.入国管理局許可申請
①在留資格認定証明書交付申請=15~20万円
②在留資格変更=10~15万円
③在留資格更新=5~10万円
4.その他得意業務
①株式会社設立(行政書士業務と関連するときのみ)=10~15万円
②離婚協議書・専門的契約書=2~10万円
③建設業(個人・法人)=10~15万円
*料金は手数料のみです。登録料等は含んでいません。
行政書士はこんなの出来るんですか?とか、料金等でもなんでも質問OK!です。ただし、良識ある質問にしてくださいよ。それと、企業秘密事項には答えません(笑)
【連絡先】072-923-0460(大阪府八尾市です)
【メールアドレス】kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード