行政書士本広の現状分析!

【男女の働き方・新章】①
【大阪府八尾市の行政書士本広】


男女の働き方の新章に入ります。

政治にまかせて上手くいくのであれば、格差の問題も心配する必要はないわけです。

そして、今の経済政策では、格差は開いていくばかりとなります。

トマ・ピケティが批判した、ノーベル経済賞を受賞した経済学者の研究結果は、資本主義の一時期を分析したものでしかないというものでした。

この学者も格差が縮小していると分析したのですが、富裕層の所得が下がったとは言っていません。一般市民の所得が上がるのが早くて、この時期においては、格差が狭まったというものでした。

しかし、トマ・ピケティの研究成果から、資本主義社会では、政治が主導して、民主主義を実行していかないと資本主義社会では格差は開くばかりのようです。

しかし、よく注意すると、それでも所得が上がってる人たちも必ずいるということです。貧しい人は増えていくけども、少数の所得増収の人たちもいるということです。

どんな制度も完成形になったことはありません。その前に新しい制度に変わっています。

しかし、このブログでは、そのことを書くことが役目ではありません。身近な家庭というというものを中心において、男女の働き方、それに密接に関わる仕組みの変革の必要を考えていこうと思います。

しかし、しょっぱなから、「男女の働き方」から外れてしまいましたが、今日だけは、どうしても触れておかないといけない、と思ってのことです。次回からは、身近な問題について書いていきます。

今日、最初の記事です。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行政書士の本廣

Author:行政書士の本廣
【大阪府八尾市の行政書士本広】
「行政書士本広の現状分析!」というタイトルにします。そして、行政書士としての視点から、現状分析を書いていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。
【専門業務と料金】行政書士に依頼するときの参考になると思います。行政書士会の平均報酬額表の金額です。
1.運送事業許可申請
①トラック・霊柩車②介護タクシー・マイクロバス=40~60万円
2.帰化許可申請(大人の場合です)
①1人の場合=10~15万円
②4人の場合=25~35万円
3.入国管理局許可申請
①在留資格認定証明書交付申請=15~20万円
②在留資格変更=10~15万円
③在留資格更新=5~10万円
4.その他得意業務
①株式会社設立(行政書士業務と関連するときのみ)=10~15万円
②離婚協議書・専門的契約書=2~10万円
③建設業(個人・法人)=10~15万円
*料金は手数料のみです。登録料等は含んでいません。
行政書士はこんなの出来るんですか?とか、料金等でもなんでも質問OK!です。ただし、良識ある質問にしてくださいよ。それと、企業秘密事項には答えません(笑)
【連絡先】072-923-0460(大阪府八尾市です)
【メールアドレス】kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード