A D M I N
topimage

2017-09

行政書士本広の現状分析! - 2017.06.10 Sat

【トランプ大統領のパリ協定離脱について】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


僕が気になった、トランプ大統領のパリ協定離脱についての記事の一つがこれです。

1つとして、「政治的には、彼の発言に真実が含まれているかいるかは大した問題ではない。だが、米国の支持層への受けは良かったに違いない。」
この一文の前に「温暖化ガス排出量削減の先頭に立つと言いつつ、新しい石炭火力発電所の建設を続ける偽善的な中国・・・。米国の軍事力に守られているくせにおしゃれな広間で偉そうに温暖化の講釈を垂れる欧州・・・。そんな連中に私は立ち向かってみせる」

独特ですよね。今までのアメリカの大統領の発言と違って、そのまま取れば、支持者はスカッとしますよね(笑)反対派の人にすれば、おいおい、これじゃ喧嘩を売ってるだけじゃないか!止めてくれ!とうところでしょうね。

この記事には、面白い内容が他にもあるのですが、今日の目的は、トランプ大統領の「パリ協定離脱」の解釈ですからそれを!

トランプ氏は気候変動の科学を否定したのではない。今の国際的な枠組みによる取り組みを否定したということだ。つまり、協定批判派のバノン氏陣営と、コーン米国家経済会議委員長など比較的穏健な顧問らの意見を折半し、その間を取ったのである。

トランプ氏は、企業が独自の温暖化ガス削減計画を進める余地を残した。米国の保守派とリベラル派が、米国独自の気候変動対策の枠組みを徹底的に議論してつくり出す余地も残した。

何より自分の支持基盤に迎合することにも成功した。トランプ氏にとっては、すべては政治ということだ。

となってるのですが、そうなの?という内容ですが、トランプ大統領は、多分、こういうことにはふれてなかったと思います。

しかし、ここまで深読み(?)されると、トランプ大統領て、政治家ではないので、普通に政治家としてみてると、駄目やん!となります。ただ、どの視点からみればよいのかわからなのが辛いところですね

日経新聞6月8日朝刊第6面に掲載されている記事でした。

今日、最初の記事です。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sijukumonday.blog26.fc2.com/tb.php/1056-8731671b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

行政書士本広の現状分析! «  | BLOG TOP |  » 行政書士本広の現状分析!

プロフィール

行政書士の本廣

Author:行政書士の本廣
【大阪府八尾市の行政書士本広】
「行政書士本広の現状分析!」というタイトルにします。そして、行政書士としての視点から、現状分析を書いていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。
【専門業務と料金】行政書士に依頼するときの参考になると思います。行政書士会の平均報酬額表の金額です。
1.運送事業許可申請
①トラック・霊柩車②介護タクシー・マイクロバス=40~60万円
2.帰化許可申請(大人の場合です)
①1人の場合=10~15万円
②4人の場合=25~35万円
3.入国管理局許可申請
①在留資格認定証明書交付申請=15~20万円
②在留資格変更=10~15万円
③在留資格更新=5~10万円
4.その他得意業務
①株式会社設立(行政書士業務と関連するときのみ)=10~15万円
②離婚協議書・専門的契約書=2~10万円
③建設業(個人・法人)=10~15万円
*料金は手数料のみです。登録料等は含んでいません。
行政書士はこんなの出来るんですか?とか、料金等でもなんでも質問OK!です。ただし、良識ある質問にしてくださいよ。それと、企業秘密事項には答えません(笑)
【連絡先】072-923-0460(大阪府八尾市です)
【メールアドレス】kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター

現在の時刻

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

行政書士本広の話 (646)
わんこ (16)
合同会社 (29)
その他 (349)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード