行政書士本広の現状分析!

【日本のこれからを想像してみましょう!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


トランプ大統領の行動の原点は掴みにくいですし、アメリカにとってもどうなのだろう?という感じもありますが、日本、EU、イギリスなどにとっては、アメリカは頼れない国になっていくことは間違いないようです。

意外と多い意見に、一旦、中国は苦しい状況になるが、アメリカに変わって一番になるのは中国だ、という人が投資関係の人には多いです。お金儲けという一点に集中しての意見なので、バカにできない感じがします。

そして、揃って言われてるのが、中国は共産党政権ですから、今のアメリカよりももっと世界は大変なことになるということです。

僕も次に来るのはアジアの時代だ!ということをいう人が昔からいて、日本人としては期待するものがあります!しかし、民主主義、自由というものに一般国民が大切さを実感できていない国の台頭には、不安が大きくなります。

それでは、日本が!と言えれば、僕も正直うれしいですが、日本は向いていないようです。

アメリカの大統領が変わって、今までとはアメリカの方針がだいぶ変わっても、日本などにとっては良いでしょうが、他の国の情勢に頼っていては、ますますピンチを乗り切れなくなるでしょうから、日本はどうすることが大事なのかを考える必要があるようです。

日経新聞7月24日17面に池上彰さんの「18歳プラス」若者たちへで、「パリ協定離脱と米国㊤」の記事でアメリカ分析が載ってます。いつものように、分かりやすく、読みやすい記事ですから一読されてはいかがでしょうか・・・・。

もうすでにアメリカの自動車の日本への輸出のこと、それから昨日、だったでしょうか?牛肉(肉?)の日本への輸入量が多すぎるので、関税・・・・をというニュースが流れてたと思うのですが、ニコニコして、やり過ごすこともだんだん難しくなりそうです。

だからと言って、批判されるかもしれませんが、アメリカと現時点で真正面から敵対するのもよくないでしょうから、早く、これこそ国をあげて対応できるものを1つ1つ作っていく必要がありそうです。

経営者と同じ考えによってではありませんが、もらうために、まず、会社が儲けることを一緒に考えることは必要だと思っています。そして、その時に、経営陣に儲けたお金が流れてしまっては意味がありませんから、自分たちの働きに相応しい所得の分配の仕組みを作ることだと思います。

経営というのは誰でも出来ることではないと、僕は、思っています。経営陣も認めてあげて、自分たちも同じように認めさせる
ことが大切だと思います。

経営陣に寄っていく労働組合、また、話が急に変わりますが、自動運転車は経営者の利益にはなっても労働者の利益には繋がらないと考えています。しかし、この流れも仕方のない事情があるわけですから、ただ、反対とはいきません。

それなら自分たちにも利益がある仕組みに変えてからだと思います。

今日、最初の記事です。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行政書士の本廣

Author:行政書士の本廣
【大阪府八尾市の行政書士本広】
「行政書士本広の現状分析!」というタイトルにします。そして、行政書士としての視点から、現状分析を書いていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。
【専門業務と料金】行政書士に依頼するときの参考になると思います。行政書士会の平均報酬額表の金額です。
1.運送事業許可申請
①トラック・霊柩車②介護タクシー・マイクロバス=40~60万円
2.帰化許可申請(大人の場合です)
①1人の場合=10~15万円
②4人の場合=25~35万円
3.入国管理局許可申請
①在留資格認定証明書交付申請=15~20万円
②在留資格変更=10~15万円
③在留資格更新=5~10万円
4.その他得意業務
①株式会社設立(行政書士業務と関連するときのみ)=10~15万円
②離婚協議書・専門的契約書=2~10万円
③建設業(個人・法人)=10~15万円
*料金は手数料のみです。登録料等は含んでいません。
行政書士はこんなの出来るんですか?とか、料金等でもなんでも質問OK!です。ただし、良識ある質問にしてくださいよ。それと、企業秘密事項には答えません(笑)
【連絡先】072-923-0460(大阪府八尾市です)
【メールアドレス】kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード