行政書士本広の現状分析!

【なくなる仕事、驚く予測です・・・面白い!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


この本はまだ読んでいませんし、予測を批判してもあまり意味はありませんから、楽しみながら、自分の考えをまとめていくのに参考にさせてもらう考えです。

まだ、ちゃんとした、紹介じゃないですから、本のタイトルや著者は書きません。

最近のほとんどの予測本の内容は、半分から9割の仕事がAIとロボットに奪われるというのは、共通しているようです。

そして、予測ですが、2025年には、タクシードライバーや長距離トラックのドライバーの仕事がなくなる。これは、驚くことではなく、常識といってもよいことになりそうです。

僕は、この予測は外れると主張していますが、それは、車の技術的な問題だけではなく、交通状況も大きく関係しています。

しかし、どうしても、その時点で、自動運転車が必要となるなら、大型車の仕事だと言う点は一緒です。

SF映画にでてくる車の走行状態をみても、決められたコースを走っています。それと、タイヤはない車の方が多いですよね。

電気自動車の問題もそうですが、確かに自然環境には良さそうですが、電気自動車のことをインパクトある言葉で訴えているのは、現状、自動車競走で負けているところから出ています。

この社会では、良い言葉の裏にも、お金の問題が隠れています。

そして、けっこう驚きなのは、同じころ、デイトレーダーの仕事もなくなる、、という予測です。

金融機関でも、人間のトレーダーはAIに負ける、という予測です。

2030年頃には、裁判官といった、頭を使う専門家の仕事がAIに取って代わられる!こういう予測は、新しいものですよね。

そして、僕も最近のAIの発達をみていると、いまのような裁判官の仕事ぶりでは、意外と、頭を使う!と思われている仕事の方が先になくなるのではと思っていますから、面白い!と感じました。

今日、最初の記事です。







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行政書士の本廣

Author:行政書士の本廣
【大阪府八尾市の行政書士本広】
「行政書士本広の現状分析!」というタイトルにします。そして、行政書士としての視点から、現状分析を書いていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。
【専門業務と料金】行政書士に依頼するときの参考になると思います。行政書士会の平均報酬額表の金額です。
1.運送事業許可申請
①トラック・霊柩車②介護タクシー・マイクロバス=40~60万円
2.帰化許可申請(大人の場合です)
①1人の場合=10~15万円
②4人の場合=25~35万円
3.入国管理局許可申請
①在留資格認定証明書交付申請=15~20万円
②在留資格変更=10~15万円
③在留資格更新=5~10万円
4.その他得意業務
①株式会社設立(行政書士業務と関連するときのみ)=10~15万円
②離婚協議書・専門的契約書=2~10万円
③建設業(個人・法人)=10~15万円
*料金は手数料のみです。登録料等は含んでいません。
行政書士はこんなの出来るんですか?とか、料金等でもなんでも質問OK!です。ただし、良識ある質問にしてくださいよ。それと、企業秘密事項には答えません(笑)
【連絡先】072-923-0460(大阪府八尾市です)
【メールアドレス】kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード