行政書士本広の現状分析!

【男女の働き方】⑦
【大阪府八尾市の行政書士本広】


昔々、ウーマンリブ運動というのが、ありました。過激な人もおられたようですが、この運動によって女性の社会的地位が上がったことは確かです。

今では、組合員減少が目立つ労働組合ですが、労働組合なしに、労働者の地位向上、待遇改善はあり得なかったと思います。

そして、現在、社会に出るまで、男だから、女だからということで、育て方が違うことはなくなったと一般的には言ってもよいと思います。

しかし、社会に出ると、その状況ががらっと変わります。男性に負けずに上にあがっていくには、男性化しないといけないようです。女性上司の方が、同性だから言いやすいのでしょうが、女性にだけある問題を、自分を基準に厳しく批判される人もいるようです。

男性の方が、自分には分からない問題でもあるので、やさしくなってる雰囲気がありますが、問題の改善にはなっていません。出世はしない!つまり、ライバルではないわけです。

そして現代は、女性に社会人になって急に女性であることを求めます!子供の時から学生の間、女性だからと男性と違うことを求められることはほとんどなかったのが、急に女性を求められるわけです。

私も、塾をやっていたころ、そんなに前のことではないので、塾でクリスマスパーティーをすると、作るのも片付けるのも男の子たちでした。女の子は食べて、文句を言ってるだけでしたね

ただ、その時の講師をしてた女性は、結婚願望もなかったですし、結婚することがあっても、絶対に働くという人でしたが、その生き方を変えていないことには、敬意をもっています。家事をしないということも、結婚して、子供がちょっと前に出来たのですが、変えていないのは、感心しています。批判されることも多いと思いますすが、それでも自分の考えを変えず、生き方を変えないのは男でもそういないですからね。

男も女も同じように育つのであれば、女性は社会をもっと変える必要がある感じがします。デートして、割り勘するなら、そんな中途半端じゃなくて、家事、育児にも、男性の収入の半分を報酬として要求すべきだと思います。

男性が、仕事に打ち込める、自分の子供を持つのであれば、男性の収入の半分は女性が給料として受け取ってよいと思います。

社会に出ての仕事は、現状は、男性だから出来て、女性だから出来ない仕事ではなくなっています。どちらかというと女性の方が向いている仕事が多くなってるという感じがします。


今日、2つ目の記事です。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行政書士の本廣

Author:行政書士の本廣
【大阪府八尾市の行政書士本広】
「行政書士本広の現状分析!」というタイトルにします。そして、行政書士としての視点から、現状分析を書いていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。
【専門業務と料金】行政書士に依頼するときの参考になると思います。行政書士会の平均報酬額表の金額です。
1.運送事業許可申請
①トラック・霊柩車②介護タクシー・マイクロバス=40~60万円
2.帰化許可申請(大人の場合です)
①1人の場合=10~15万円
②4人の場合=25~35万円
3.入国管理局許可申請
①在留資格認定証明書交付申請=15~20万円
②在留資格変更=10~15万円
③在留資格更新=5~10万円
4.その他得意業務
①株式会社設立(行政書士業務と関連するときのみ)=10~15万円
②離婚協議書・専門的契約書=2~10万円
③建設業(個人・法人)=10~15万円
*料金は手数料のみです。登録料等は含んでいません。
行政書士はこんなの出来るんですか?とか、料金等でもなんでも質問OK!です。ただし、良識ある質問にしてくださいよ。それと、企業秘密事項には答えません(笑)
【連絡先】072-923-0460(大阪府八尾市です)
【メールアドレス】kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード